• 大都会で家族葬をするメリットとデメリット

    大都会で家族葬をすると親戚や家族で故人を送れる、告別式で恥をかかなくて済む、雑談しやすいなどのメリットがあります。

    家族葬に関連した書きかけ項目です。

    家族葬は、故人の家族と親戚などの親しい身内のみが集まります。

    そのため、親しい人達だけで故人をゆっくりと送り出すことができます。


    親戚はそれほど多くない家庭がほとんどなため、連絡を入れる回数が少なくて済むのもメリットです。

    また、家族葬には告別式がありますが、顔馴染みばかりなので、スピーチで失敗しても恥をかかなくて済みます。


    ですが、時間が経てば笑いの種にされることがありますので注意です。


    あと、集まる面々によっては雑談しやすいと感じるかもしれないです。

    久々に会った人と話し込んでしまうのはよくあることですが、儀式が始まる10分前には話を切り上げたほうがいいです。



    遠くから来た人の中には迷う人がいる、費用がかかるなどのデメリットがあります。
    大都会は周囲に沢山の住宅街が建ち並び、道路も網の目のようになっているため、初めて来た人は迷子になりやすいです。
    そのため、遠くから来た人の中には、道に迷ったと言う人がいてもおかしくありません。

    対策としては車で直接行こうとはせず、タクシーを利用すると良い結果に結びつきます。

    弔問客達に、葬儀会場の場所を示した地図をファックスで送るのも良い手法です。

    あと、家族葬はそれほど人が集まらないので、赤字になってしまう可能性があります。

    ですが、最後の儀式でもあるため費用についてはそれほど気にする必要はないです。

    毎日新聞を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

  • いまどきの社会

    • 家族葬とは、故人の家族と近親者だけで行う葬式のことです。弔問客を招かず、参加する家族や親族以外には葬儀後に報告を行います。...

  • 読めば解る

    • 最近よく見聞きする「家族葬」とは、いったいどのような葬儀のことか、ご存知ですか?この言葉は、1990年代に、「家族中心での小さな葬儀」を表す言葉として作られた造語で、明確な定義はありません。一般的には、儀礼的な弔問等はお断りして、身内や親族・ごく親しかったなどのごく内輪だけで行う葬儀の事を言います。...

  • 知識を増やす

    • 家族葬は一般の葬儀と違う点が多いのでマナーを知っておくと慌てずに済みます。一般のお葬式は訃報を聞いたら出席するものですが、家族葬とは一般の方の参列の辞退を御願いされることが多く、無理に参列するとお断りされることがあります。...

  • 最新考察

    • 最近、家族葬を選ぶ人が多くなってきています。一般葬と違って故人と比較的ゆっくりとお別れができるので家族や親戚などの少人数で葬儀を終える人が増えてきています。...